projects

Houses

WHITE/BLUE 西脇の住宅

1998Complete

C+A伊藤恭行

この住宅は、幅4.5m、長さ21.5mの細長いプロポーションの中に、ふたつのチューブ状の空間を併合するという単純な図式で成立している。この細長いプロポーションが持つ空間的な豊かさの可能性を引き出すことが設計のテーマとなっている。
 ふたつのチューブは白と青に塗り分けられているが、白いチューブ状の空間は2階の端から端まで平面的に屈曲しながら引き伸ばされている。このチューブには居間とバルコニーが連続して配置されており、外部に対して開いた空間である。青いチューブは1階から2階まで断面的に形態が変化しながら連続する。この中には、和室、浴室、トイレ、書斎、子供室、寝室が納められており、プライベート性の高い比較的閉じた空間となっている。各室は建具を閉めれば個室として分割されるが、全ての建具を引き込むことでひとつのチューブ状の内部空間を獲得するように計画されている。
 2つのチューブの端部には、居間、和室、寝室など人の滞留している状態が想定される空間が配置されており、ふたつのチューブが絡み合う中央部分はエントランス、階段、スロープと階段などの移動に関わる空間である。滞留する場所からは、基本的に最大限の見通し距離が得られるように計画されており、長さが持つ空間の豊かさを感じ取れるようになっている。中央の動線部分は視点の移動に伴って、手前/奥、上下の連続性、左右の広がり、閉じた空間から開いた空間への変化(あるいはその逆)など、さまざまな距離感を体験することができる空間となっている。

DATA

所在地 兵庫県西脇市
用途 住宅
構造 S造
規模 地上2階
延床面積 162.46㎡
Recent Works

More

© 2019 Coelacanth and Associates all rights reserved