projects

Healthcare

東洋学園 児童部

2018Complete

CAn宇野享

Other use | Complex

東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故により、避難を余儀なくされた、障がい児及び障がい者の入所・支援施設である。平坦で静かな環境に立地し、児童・成人合わせて約90 名が生活する施設である。建物は管理棟と居住棟で構成されている。管理棟は事務室などの執務エリアと、食堂などの生活エリアで構成されている。居住棟は児童エリアと成人エリアで構成され、更にそれぞれ男子・女子に分かれている。居住棟中央に配置された中庭からは光と風を採りこみ、自然を活かした心地よい住空間を醸し出している。また内部壁には地域産の杉材の羽目板をふんだんに使用し、木の香りただよう穏やかな空間を創り出している。

DATA

所在地 福島県いわき市
用途 指定福祉型障がい児入所施設、指定障碍者支援施設
構造 木造、一部S造
規模 地上1階
敷地面積
建築面積
延床面積
13,583.72㎡
3,838.28㎡
3,728.95㎡
Recent Works

More

© 2019 Coelacanth and Associates all rights reserved