projects

Apartment

スペースブロック上新庄

1998Complete

小嶋一浩赤松佳珠子

敷地は大阪の中心にほど近く、スナックや飲み屋、文化住宅などが密集している、大阪市内で最もワンルーム賃貸の多い所にある。日本では床面積20㎡程度の、こうしたアパートに若者の多くが住んでいる。変形した敷地の短辺両側が接道しており、敷地内を通り抜けできることがこの建物に特徴を与えている。長辺2面は隣地の建物(飲食店と工場)がギリギリまで迫ってきている。ここにワンルームの賃貸アパートを計画する事となった。
 そこで我々は、一般性を持つ単純なツールで複雑な空間をつくり出すベーシック・スペースブロック(以下BSB)を用いることで、スペースのかたち、ユニークさという付加価値を持つ、新たな都市型集合住宅の空間提案ができないかと考えた。建築の中にちいさな吹き抜けが多数埋め込まれている。平面ではなくヴォリュームに人が住む。外に向かって開くことが困難な敷地状況の中で、外部空間や隣地との隙間を利用し空間を立体的に積み上げていくことで、光、空気、外部からの視線などをシンプルにコントロールする事が可能となる。
 実際の計画にあたって、ワンルームであることと細長い敷地形状から、1辺2.4mの立方体という日本でも極めて小さい単位を基準モデュールとした。1つの住戸が1つのBSBで出来ている。BSBの集合が建築となる。部分を集積した結果がそのまま外観となって現れる。外観は周囲の雑多な都市の風景に浸透していく。
 構造壁以外の界壁はコンクリートブロックを積んでおり、将来的にはこの壁を壊して、隣地をも取り込んで拡張するという空間の再生産の可能性をも含んでいる。

空室状況

DATA

所在地 大阪府大阪市
用途 集合住宅
構造 RC造
規模 地上5階
敷地面積
建築面積
延床面積
364.93㎡
218.07㎡
723.93㎡

PHOTO

写真 淺川敏

PUBLICATION

建築文化
新建築住宅特集
BRUTUS
室内
GA JAPAN
JA
618
1998年4月号
1998年6月号/2001年7月号
1998年6月号
33
37 SPRING,2000

AWARD

2000年日本建築学会作品選集掲載
2001年ar+d award
2002年ARCASIA建築賞ゴールドメダル
Recent Works

More

© 2019 Coelacanth and Associates all rights reserved