projects

Houses

尾張旭の住宅

2009Complete

CAn伊藤恭行

 閑静な住宅地に建つ、環境工学の研究者である夫、建築家の妻、二人の子どもの為の住宅です。
 環境の専門家であるクライアントの要望により「OMソーラー」を採用しています。冬は屋根面で暖められた空気を床下に送風する太陽熱を利用した暖房方式で、常に新鮮外気を室内に取り込む換気方式でもあります。RCベタ基礎部分を暖気が通るため床からの輻射暖房効果や基礎コンクリートを熱蓄熱体とした夜間放射も期待でき、建物全体を床から効率良く温める事が可能で、体感がやさしい空調方式でもあります。特に暖房を必要としない夏は屋根で暖めた空気の熱を貯湯槽に循環させ給湯に利用します。
 OMソーラーを最大限に生かすため、建物の形態は熱負荷を抑えるために、東西軸に長い矩形とし、OMソーラーや太陽光発電における効率的な角度で傾斜した屋根が真南に来るように配置しています。その傾斜屋根を内部空間でもそのまま現し、南側は天井の高い1層の空間、北側は2層とし、お互いが吹抜を介してつながる空間構成としています。OMソーラーを用いることで、通常問題になりやすい気積の大きい吹抜部分の空調負荷についても、冬期は基本的に空気が床面から最上部まで上昇することを想定しているため、非効率な気積にはならず、夏期・中間期については、高低差のある開口部の計画により重力換気を促し、最大限通風に頼る計画としています。また、住宅の中央には中庭を設け、各部屋に採光・通風を確保しています。
主な居住空間となる1階では、各部屋を関連性やプライバシーの度合いを元に行き止まり無くループするようにつなげています。加えて、中庭を介しながら視線の抜けを設け、断面方向の視線の関係も相まって、家族の気配を感じられながらもプライバシーも確保できるような状態を目指しています。

DATA

所在地 愛知県
用途 住宅
構造 木造
規模 地上2階
敷地面積
建築面積
延床面積
311.4㎡
130.9㎡
169.3㎡

PHOTO

写真 上田宏
Recent Works

More

© 2019 Coelacanth and Associates all rights reserved