projects

Houses

Ota House Museum

2004Complete

C+A小嶋一浩

Other use | Museum

東京から北西へ特急で1時間あまり、関東平野に山がせまり始めたエリアに建つ予定の、芸術家夫妻のプライベートな美術館と自邸のプロジェクトである。敷地は家並みのはずれにあり、周囲には農地が広がる。1km先からでも遮るものがないロケーションであり、この風景は将来も大きく変わることはない。これは、都市がスプロールし続ける日本では稀な状況である。

展示室と七宝焼きの教室とアトリエからなる美術館部分と住宅との関係は中庭を挟んではいるもののルーズである。この建築は、使われ方と空間が1対1対応する「黒」の空間と、使われ方によって呼び方が変わるような「白」の空間で構成され、1階では「黒」の空間の周囲を「白」と中庭が流動的に連なる。また全体は「スペースブロック」と呼んでいる、キューブをいくつか繋ぎあわせたブロックを用いて構成されている。ここでは一辺2.6mのモジュールを基本に使った。1階は15.8m角の正方形で、冬になると「赤城おろし」と呼ばれる強風が吹く、ある種茫洋とした環境から切り取るかたちで室内化された外部を含んだ、どちらかというと防御的な構えである。この建築が平らな風景の中の小さなランドマークとしてたち現れるために、4箇所で空間が上へ延びる。2階をジャンプするかたちで3階にスペースが設けられて四方に遠景で連なる山並みへの眺望点となる。

DATA

所在地 群馬県太田市
用途 美術館、個人住宅
構造 RC+S造
規模 地上3階
敷地面積
建築面積
延床面積
490.4㎡
152.5㎡
219.0㎡

PHOTO

写真 上田宏
Recent Works

More

© 2019 Coelacanth and Associates all rights reserved