projects

School

流山市立おおたかの森小・中学校 
おおたかの森センター こども図書館

2015Complete

CAt小嶋一浩赤松佳珠子

Other use | Public

敷地は、つくばエクスプレス「流山おおたかの森駅」の駅名の由来になった大鷹の営巣する「市野谷の森」と、街との間に位置する。2011年のオープンプロポーザルで選ばれて始まった、最大約1,800人の子供たちが通う小・中学校併設校と地域交流センター・こども図書館・学童保育所が集う、約22,000㎡の大規模な複合施設である。

豊かな森と新しく開発される街との間に溶け込み、コミュニティの形成を誘導することが求められた。

卓越風と太陽の向きを考慮し、道路から60度傾けた軸が、風・光を最大限に取り込み、街と森を繋ぐという計画である。 森的密度で現れるL壁が空間や環境、人々を緩やかにつなぎ、アーティキュレートすることで、建築的な構築の方法を都市的な規模まで昇華させ、新しい建築を作れるのではないかと考えた。

地域との接点になる「アクティビティホール」「音楽ホール」「ランチルーム」を街に面して配置し、活動を表出させる。「こども図書館」は建物の中央に配置し、小学生と中学生、地域の人々の動線の結節点として交流の場になることを意図した。動線のスパインである「風のみち」を街と森を繋ぐように通す。積層された「体育館」、森を切り取ったような「森の庭」、「遊びの庭」など、スケールや様相の違う空間が、面的に拡がるL壁の教室群のなかに現れて、大規模な建築に深度を与える。

DATA

所在地 千葉県流山市
用途 小中併設校、地域交流センター、こども図書館、学童保育所
構造 RC一部PCaPC,S造
規模 地上3階
敷地面積
建築面積
延床面積
34,026.56㎡
10,969.10㎡
22,051.99㎡

PHOTO

写真 吉田誠

PUBLICATION

GA JAPAN
JA
新建築
近代建築
日経アーキテクチュア
建築ジャーナル
文教施設
コンフォルト
ディテール

書籍
115120130133134
97 SPRING 201598 SUMMER 2015
2015年6月号
2015年7月号
2015年10月25日号
2015年12月号
2016秋号
2017年6月号
2018年12月号別冊

日本の美しい小学校(エクスナレッジ社)

AWARD

北米照明学会デザイン賞 Award of Merit 2016
第22回千葉県建築文化賞 優秀賞
2016年日本建築学会賞(作品)
第57回BCS賞
Recent Works

More

© 2019 Coelacanth and Associates all rights reserved