projects

School

千葉市立美浜打瀬小学校

2006Complete

CAt小嶋一浩赤松佳珠子

幕張新都心住宅地区の街びらきから10年がたち、年々増加する児童のために我々が設計した、この街で最初の小学校である「千葉市立打瀬小学校(1996)」からわずか500mほどの敷地に、24教室、児童数960人を想定して計画が進められた。
この町の学校の特色であり、住民や先生方からの要望でもある低層街区型で街に開かれ、接地性の高い学校、開校当初から定員いっぱいの子どもたちがこの校舎で遊ぶことになるため、音干渉でノイジーな空間にならないように音響シュミレーションを行い、平面計画や仕上げに反映させた。
建物全体は、平面的に広がるエキスパンションのない120m×80mの2枚の厚いスラブからなる平面的なスパインから成り立っている。この2枚にスラブの間に6学年の学年ゾーンと特別教室とが配置され、各学年ゾーンは4教室と、児童が隠れることができる丸ベンチや遮音壁を兼ねる島状のベンチを含むワークスペース、教員コーナー、水を使った授業がでいるアーツアンドサイエンスコーナー、学年の児童が集まれる階段状のアッセンブリースペースで学年ハウスを形成している。
スラブという強いスパインの上に環境的にも空間的にもノンヒエラルキーなフィールドが作られた。流動的でさまざまな領域が作られることを許容する空間の提案である。

DATA

所在地 千葉県千葉市
用途 小学校
構造 RC造+S造
規模 地上2階
敷地面積
建築面積
延床面積
17,498.03㎡
7,028.42㎡
9,205.35㎡

PHOTO

写真 小林浩志

PUBLICATION

GA JAPAN
新建築
JA
KJ

書籍
77/80
2006年6月号
64 WINTER,2007
2010年10月号

[RC×S×木]構造デザイン入門(エクスナレッジ)
くらべてわかる世界の美しい美術と建築(エクスナレッジ)

AWARD

2007年千葉県建築文化賞
2007年こども環境学会賞デザイン賞
2007年千葉市優秀建築賞
2009年日本建築学会作品選奨
Recent Works

More

© 2019 Coelacanth and Associates all rights reserved