projects

Houses

LONG HAT

2014Complete

CAt小嶋一浩

大阪と奈良の府県境に近い、たくさんの家が窮屈そうに建て込む郊外住宅団地を遠景に望むような農地と農村集落。「日本の民家」に出てきそうな母屋の脇に建つのが、「LONG HAT」と名付けた今回の「はなれ-2」である。母屋に母親、この「はなれ-2」には長男夫婦と子ども1 人が住むことになる。隣に建つ「カヒナ」(設計:城戸崎和佐)には、長女夫婦の家族4 人が暮らす。大家族が、「味噌汁の冷めない距離」で、つかず離れずうまくやっている。
在来木造(4 号建築)というのは、普通にプランニングすると、壁が、壁量計算で必要な量より多くなる。構造がダブつくのが気になって、耐力壁以外は基礎から持ち上げてみた。その結果、足元にうまい具合に透過性が生みだされる(冬にはアクリルワーロンを嵌め込んで断熱する)。耐力壁の部分だけ、基礎に土台が接合され、ブレースが入る。自然光は真っ白の床でリバウンドして室内に広がる。大きな、というか普通のサイズの開口部からの透明な直接光とリバウンドする光が混ざり合って時間とともに移ろっていく。いちばん人が集まるところの床を40cm 下げて、段差に腰掛けられるようにする。壁を持ち上げたことで生まれた地窓が、アイレベルに近づいて視覚を周囲に拡張させる。切断しつつつなぐこと。サンクンの床の中央には独立柱がふさわしい。柱が構造に効くような屋根の架構を考えた結果、独立柱に向かって梁が下降する空間が生み出される。細長い空間が床の段差と屋根架構によってゆるやかに分節される。

DATA

所在地 大阪府四條畷市
用途 個人住宅
構造 木造
規模 地上1階
延床面積 65.712 ㎡

PHOTO

写真 堀田貞雄

PUBLICATION

新建築住宅特集 2015年1月号
Recent Works

More

© 2019 Coelacanth and Associates all rights reserved