projects

School

吉備高原小学校

1998Complete

C+A小嶋一浩赤松佳珠子

吉備高原小学校は、岡山県の中央に位置する吉備高原都市で初めての小学校の計画であり、CTO(クリエイティブTOWN岡山)の参加プロジェクトである。中国山地に囲まれた豊かな自然が残る中で、建築が主張することなく、樹木の隙間から子どもたちの活動が見え隠れする場所をつくろうと考えた。

まず、教室ゾーンを形成する黒板壁と樹木を配置する。樹木のないところには集成材の屋根架構が架かり、内部の教室となる。
約80m四方の中に子供達の活動場所がちりばめられ、教室・ワークスペース・中庭が連続的につながる。子供達は、これらの場所の名前に拘束されることなく自由に境界を横断し走り抜けていく。

接地性の高い校舎は小学校としての理想であることと、地域全体が福祉の町としてバリアフリー化を目指していることから、平屋の計画としている。子供達の主要な通学動線となる中央のパスを境に南側を教室ゾーン、北側を地域開放ゾーンとしている。体育館は足元のポリカシャッターを開放することで、プール・中庭と一体となる。また、防火区画上RCとなる部分を、上の(レベルの)道として、体育館のキャットウォーク、中庭、グラウンドへ、といった屋外動線としても利用することで、日常とは違った経路と視点を重ね合わせている。

このようなオープンスクールの計画では、冬季の厳しい寒さでも、活動が妨げられないような場所の作り方が重要になる。温風を床下にも廻し、ペリメーターゾーンから吹き出すことでワークスペースまで含めたゾーンを一体的に暖める。石油ストーブに比べて温度ムラを少なくすることで、温度設定を低めにしても快適な環境となり、ランニングコストを押さえることができる。

開校当初は1学年1クラス、全校でも70人を切る児童数でのスタートである。しかし、我々や先生方の予想を遥かに超える元気な子供達の活動は、学年や学校の枠組みを越えて地域の人たちにも伝わっていく活気に満ちている。

DATA

設計 シーラカンスアンドアソシエイツ
小嶋一浩、小泉雅生、赤松佳珠子、岩崎健一郎
所在地 岡山県御津郡
用途 小学校
構造 RC+木造一部S造
規模 地上1階
敷地面積
建築面積
延床面積
19337.01㎡
4,871.84㎡
4,583.58㎡

PHOTO

写真 平井広之

PUBLICATION

日経アーキテクチュア
新建築
GA JAPAN
建築文化
SD
CASABELLA
1998年6月29日号/1999年1月11日号
1998年7月号/1999年4月号
33
1998年8月号
1999年7月号
676

AWARD

1998年日本インテリアデザイナー協会賞 大賞
第40回BCS賞
2000年日本建築学会作品選奨
American Wood Design Award 2000
2004年公共建築賞 優秀賞
Recent Works

More

© 2019 Coelacanth and Associates all rights reserved