projects

Interior

アンテシュクレ ルミネ横浜店 インテリア

2003Complete

C+A赤松佳珠子

若い女性向けランジェリーショップのインテリア改装プロジェクトである。横浜の駅に直結するテナントビルのファッションショップが並ぶフロアの中にある。ショップの位置がエスカレーターの回遊動線から少し外れたところにあるため、
・エスカレーターを降りた人の視線を引き込む方向に光を配置する
・什器の高さを抑えることで視線の広がりを確保する
・ガラスを利用したフロントディスプレイで商品を浮かべて見せ、瞬時にショップイメージを伝えることができる
の3つのポイントで、通り過ぎる人の視線をキャッチし引き込むような計画とした。

また、ショップの性格上、好みのデザインでサイズが合った商品をすぐ手に取れる事が売れ行きを左右する重要な要素となる。店頭に自分のサイズのものが並んでいなければ、探してもらう前に別のショップに行ってしまう。その上、色・サイズ・デザインの違いは通常の洋服に比べて遥かに細かく、そして多くのバリエーションがある。その結果、ものすごく多量の商品が店頭に並ぶことになる。商品が溢れてきても雑然とした雰囲気とならないよう、可動什器の高さを全て視線より低く抑え、かつフレームをはっきりとしたデザインでまとめた。

また商品の色を際立たせるために全体は白を基調としながらも平坦な印象になり過ぎないようテクスチャー感を残した仕上げとしている。

若い女性のみならず、カップルでも来店できるイメージのショップをと考えたが、果たして結果はどうであろうか。

DATA

所在地 神奈川県横浜市
用途 インテリア

PHOTO

写真 平井広行
Recent Works

More

© 2019 Coelacanth and Associates all rights reserved