projects

Houses

House YK / Islands

2005Complete

CAt赤松佳珠子

千葉市内の、間口4m、奥行き40mの路地のように細くて長い場所に建つ4人家族のための住宅。ツーバイ材を平使いとし、両方から構造用合板で挟むことで成立した、62mmとごく薄い木造の壁は、少しずつ隙間を空けて重なりながら建っている。その隙間は、時間や季節や、天候によって違う表情の光を室内へ導き、かつ室内からの視線を外へ導くスリットとして空間に移ろいを生み出している。その室内には、人々がとどまるきっかけを持ったいくつかの「しま/Islands」が並ぶ。「しま」と行為と移動を並列に置くことで人の活動が流れはじめる。そして、この細長い空間の2カ所にある階段によって、「しま」の上に架かる床、ブリッジ、テラスをぐるりと回遊できるようになっている。

DATA

所在地 千葉県
用途 個人住宅
構造 木造
規模 地上2階
敷地面積
建築面積
延床面積
214.28㎡
99.75㎡
149.54㎡

PHOTO

写真 上田宏

PUBLICATION

新建築住宅特集
建築技術
建築画報
建築知識
ディテール

書籍
2006年1月号
2008年12月号
2011年3月号
2012年5月号
193

「境界」から考える住宅(彰国社)

AWARD

第9回TEPCO快適住宅コンテスト 作品部門 最優秀
木質建築空間デザインコンテスト 住宅部門 入賞
2010年日本建築学会作品選奨
Recent Works

More

© 2019 Coelacanth and Associates all rights reserved