projects

Houses

北方町の住宅

2007Complete

CAn宇野享

路上生活の魅力
迷路のような立体街路や建物の隙間に突然現れる袋小路の魅力にはあらがい難いものがある。たとえば, まちを歩いていて, 袋小路に軒を連ねた小さな飲み屋の賑わいに惹かれ、ついフラフラと足が向かってしまう経験は、誰しも一度はあるのではないだろうか。何か、新しい出来事が起きそうな期待感と美味しそうな匂いや煙が漂う雑多な感じがたまらない。個々のお店は独立した状態で存在しながらも、その袋小路全体の一体感を楽しめるような場所。そんな些細な日常の延長線上に住空間の盟かさはあるのではないだろうか。

道のような建築
岐阜県北方町に建つ夫婦と子供ひとりのための住宅である。敷地は交通量の多い幹線道路から通りを数本挟んだところにあり、周囲は田畑から宅地に移行が進む地域である。東西を戸建て住宅に挟まれた、幅6.9m, 奥行26mの南北に細長い敷地に対して、日当たりのよい住宅を建てたいというのがクライアントの要望である。敷地を見たときに、前述の道のような細長い建築が思い浮かんだ小さな建築ですべての場所をフルセットで用意しようとすると、個々の空間はどんどん小さくなってしまう。2層吹抜けの細長い空間と最低限の個室の独立性を確保した道のような建築により、限られた建築ヴォリュームが大きく感じられるような骨格を与えることにした。

居場所が選択できる豊かさ
適度な滞留と流動が混在する道のような場所とするため、細長い空間に奥行1.8mの凹凸をつける。坪庭を挟み込むように配置されたこの凹凸により、細長い建築の奥深く配置された空間にも通風・採光が十分に行き届く。細長い空間に面した窪みに、リビングやキッチン、ダイニングを配置して、くびれのあるひとつながりの空間とする。2階の個室は外壁を境にして内外に突出して配置される。階段や細長い空間に直交するブリッジも含めた視覚的な効果により、まるで建物に挟まれた立体街路のような性格を帯びた空間となる。実際に個室の穴から下階を見下ろしたり、ブリッジや書斎コーナーで会話をしていると、街の立体街路にいるような感覚に襲われる。この立体的な空間構成がもたらす斜め方向の視線の交錯が、限られた内部空間に多様な距離感をつくり出す。
この空間構成は、まるで集合関係を示すべン図のように、主体がどちらに帰属していると感じるかによって、空間の性格が変わるような場所となる。人と人の距離感を物理的に制御するのではなく、人が主体となって自分の居場所を選択できる豊かさに満ちた生活は楽しい。

DATA

所在地 岐阜県本巣郡
用途 専用住宅
構造 木造
規模 地上2階
敷地面積
建築面積
延床面積
180.36㎡
79.18㎡
107.31㎡
Recent Works

More

© 2019 Coelacanth and Associates all rights reserved