projects

Town Hall

山元町役場

2019Complete

CAt小嶋一浩赤松佳珠子大村真也

海と山をつなぎ、人と人をつなぐ要としてのタウンホール

東日本大震災で甚大な被害を受けた山元町役場庁舎の新築復旧のプロジェクトである。
敷地は宮城県の東南端にあり、2015年のプロポーザルで設計者に選定された。
山元町は、太平洋に面し、水田の広がる低地(東)と、山側(西)に大きく分かれている。庁舎は、ほぼそれらの中心に建ち、中央公民館、歴史民俗資料館、ふるさと伝承館、などの公共施設が集まる場所である。東日本大震災により町の約3割が浸水し、人口減少、少子高齢化という課題に加え、震災復興としての新しいまちづくりの一端を担う庁舎の在り方が問われていた。そこで、「海と山をつなぎ、人と人をつなぐ要としてのタウンホール」というコンセプトをかかげ、求心的な要・復興のシンボルとして、人々が寄り添い、まちの復興・まちの未来をみんなでつくりあげていく、新しい庁舎を提案した。
 敷地の中央に建つ鉄骨2階建ての庁舎は、杉の羽目板張りの大きな庇をもち、その庇下空間に展開される活動の風景がこの場所の顔となり人々を迎え入れる。冬の山から吹き下ろす冷たい風や太陽の光など、自然条件に応答しながら、全方位的に周辺の町とつながる、裏のない建築を目指した。
執務スペースは、職員の方々とワーキンググループをつくり、新しいワークプレイスの議論を重ね、課を超えた横のつながりを生み出し、町民スペースとも一体となるワンルームとした。北面のハイサイドライトから光を取り込み、大きな4つの吹抜けを通して光が1階までとどく明るい屋内広場のような場所である。離散的に配置されたスモール・コアによって、多様な場をつくりだしている。
 このプロジェクトは、東北大学の小野田教授を始め、職員、議員、町民の皆さんと新しい庁舎のことだけでなく、これからのまちづくりまで、数多くのワークショップや打ち合わせなど、様々な議論を重ねてきた。甚大な被害を受けたこの町のこれからの未来について官民越えて話し合う風景こそが、新しい復興庁舎としての在り方そのものである。
この新しい庁舎が、人と人をつなぎ新しいふるさとの風景をみんなで育てていく場となることを願っている。

DATA

所在地 宮城県亘理郡山元町
用途 庁舎
構造 S造
規模 地上2階
敷地面積
建築面積
延床面積
11221.06㎡
2711.90㎡
4226.08㎡

PHOTO

写真 阿野太一

PUBLICATION

GA JAPAN
新建築
日経アーキテクチュア
近代建築

WEB
136138159
2019年7月号
2019年8月8日号
2019年8月号

japan-architects
urbanNext
Recent Works

More

© 2019 Coelacanth and Associates all rights reserved