close x
english
日本語

Nagareyama Otakanomori Elementary and Junior high school

流山市立おおたかの森小・中学校 おおたかの森センター こども図書館

This is a new Integrated Elementary/Junior High School for over 1000 children in new town of Nagareyama City, Chiba prefecture (30 min from Tokyo by train).

 We suggested the concept: “Activity between the trees, an architecture responding to wind and light”. The school building is placed according to sunlight and the prevailing winds – at a 45 degree angle to the nearby city blocks – and attempts to utilize natural surroundings, wind, light, trees and activity in a continuous manner. Various trees outline the school building and fill the courtyards, and by the help of a subtle façade, the houses in the area will connect with the forest.

For the class room-zone, we have used L-walls to articulate classrooms and workspaces, and this way produce places for the children, thus create a flexible room layout for multipurpose use. The wide-spanning decks and the foldable doors which make connections with the outside, create a space entire school ignoring difference between inside and outside

We are aiming that this new learning field including residents’ communication spaces will connect forest with people smoothly and activate the region.

 

敷地は、つくばエクスプレス「流山おおたかの森駅」の駅名の由来になった大鷹の営巣する「市野谷の森」と、街との間に位置する。2011年のオープンプロポーザルで選ばれて始まった、最大約1,800人の子供たちが通う小・中学校併設校と地域交流センター・こども図書館・学童保育所が集う、約22,000㎡の大規模な複合施設である。

豊かな森と新しく開発される街との間に溶け込み、コミュニティの形成を誘導することが求められた。

卓越風と太陽の向きを考慮し、道路から60度傾けた軸が、風・光を最大限に取り込み、街と森を繋ぐという計画である。 森的密度で現れるL壁が空間や環境、人々を緩やかにつなぎ、アーティキュレートすることで、建築的な構築の方法を都市的な規模まで昇華させ、新しい建築を作れるのではないかと考えた。

地域との接点になる「アクティビティホール」「音楽ホール」「ランチルーム」を街に面して配置し、活動を表出させる。「こども図書館」は建物の中央に配置し、小学生と中学生、地域の人々の動線の結節点として交流の場になることを意図した。動線のスパインである「風のみち」を街と森を繋ぐように通す。積層された「体育館」、森を切り取ったような「森の庭」、「遊びの庭」など、スケールや様相の違う空間が、面的に拡がるL壁の教室群のなかに現れて、大規模な建築に深度を与える。

/