close x
english
日本語

Gunma International Academy

ぐんま国際アカデミー

This is a primary and secondary school complex built in the downtown area of Ota City, Gunma Prefecture, north of Tokyo. It uses the new bilingual educational school system, involving the English Immersion Programme. Located in residential district, the school was designed as a series of wooden one-storey buildings settling subtly into the townscape and covering a vast area. Given that classes are taught in both English and Japanese, and from 36 to only a small number of students, the traditional alignment of classrooms was considered inappropriate and it was decided to use a programme to define the activity flow. As a result, the school becomes a ”big house”, a ”neighbourhood”, and a small city: each ”house” contains a 100 student grade, and each ”neighbourhood” contains three grades.

教育特区として認定された群馬県太田市の市街地に建つ、日本ではまったく新しい教育プログラム、「英語イマージョン教育(英語による教育)」を取り入れた小中高一貫校の小中校校舎である。周囲の戸建て住宅地の町並みに違和感なく溶け込むような木造平屋の巨大な平面の建築とした。国語と社会以外は、すべて英語で授業をおこなうことから生じる英語と日本語環境の分離の問題や、1クラス36人の生徒に対してネイティブとバイリンガルのふたりの教員がつく少人数教育など、通常の教室を並べただけではうまく機能しない教育の風景を、プログラムレベルからとらえなおして設計した。約100人の1学年単位をハウス、3学年ごとの単位をネイバーフッドとしてグルーピングした「大きな家」である。

/