close x
english
日本語

Saigon Liberating Newspaper

サイゴン解放新聞社

This is the 16 floor headquarters of SGGP Newspaper. The two basement floors contain parking lots, floors 1 to 6 contain lecture halls and newspaper offices, floor 7 to 15 are rented out to various media related companies, while the top floor contains the Nationa Press Club and a cafe. The building demarks Vietnam as a location for information exchange for the 21st century. Multiple skins covering the entire facade have been inspired by the climate and culture of Asia, and is what characterises the architecture. Inside, changing back and forth between the active AC system, and the passive natural ventilation system, creates an indoor environment in accordance with the outside conditions. More specifically, rooms are provided with natural light from the skins forming a "light wall", and CFD-analysis of wind patterns makes the building into an "air tower". These factors makes this a"breathing building".

ベトナムのホーチミン市に位置する「サイゴン解放新聞社本社ビル」で鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、地下2階、地上16階の計画である。地下1,2階が駐車場、1階から6階までが講演会用のホールを含むサイゴン解放新聞社のオフィス、7階から15階までがメディア関連企業の賃貸オフィスで、最上階が記者クラブとカフェで構成された21世紀のベトナムを象徴する情報受発信の拠点である。
アジアの気候と文化から生み出された建築全体を覆う複数の皮膚がこの建築の特徴である。空調システムに頼るアクティブモードから、通風を最大限に生かしたパッシブモードまで、移り変わる自然の様相に呼応して、室内環境のモードを選択できる。具体的には、自然光を柔らかな間接光に変換して室内に明るさ感をもたらす「光壁」や、CFD解析から導き出した風を導く「エアタワー」など、さまざまな「光と風のデバイス」を用いた親自然的な「呼吸する建築」の提案である。

/