close x
english
日本語

HASE-BLDG.1

HASE-BLDG.1

Two aspects of `Old city of Ordinary people` and `New big merchant City`

This building is a rental building that has 6-stories RC construction in Osu, Nagoya.

Although rental buildings tend to be affected by the degree of prosperity of the city, I think it can bring out its potential, which is city in microcosm. Since there are shrines and temples, traditional shopping street, vaudeville theater in Osu, daily life, commerce and entertainment are intermingled as a city of ordinary people. This site is also facing with a main street with highway and Sakae that is the central city of Nagoya. This site has two aspects of `Old city of Ordinary people` and `New big merchant City`. To take advantage of this trait of the city, I designed the architecture with two aspects.

 

Various Scale Sensitivity and several types of business coexists in Rough Concrete Construction

Since this architecture is located on the border between Sakae and Osu, the 1st and 2nd floor facing with the main street are for large scale one-room business space whose height of ceiling is 4.3m, hoping for customers from the lively cities. The 3rd-5th floors are typical floors with high flexibility space that can respond to various industry types by dividing one room into three. The top floor whose height of a part of ceiling is 5.4m is for atelier and it can also divided into three rooms as the typical floors. As all the floors, walls and ceilings are exposed concrete, the pipe arrangement, air conditioner and lighting are open piping. Rough Concrete Construction with deformed grid has the power that makes it possible to coexist with various kinds of interiors.

 

Deformed grid with two aspects of iconic façade and reference line of space division

Deformed grid facade created by jagged terrace attracts people visually. Seen from the front, the deformed grid is well organized. Seen from at an oblique angle, the sense of depth of the jagged terrace appears. The look of the deformed grid varies according to viewpoints. Deformed grid has two aspects of iconic role to attract people around Sakae and reference line of space division to invite small-scale tenant from Osu. I consider this building will be a flexible architecture not only as this unique facade but can be converted to residence, accommodation and so on in the future.

 

A red loop connects people

We always focus on creation of the places where whole the site is full of various activities. The Former HASE-BLDG.1 built in 1959 had Beer Hall on its rooftop, which brought vitality and prosperity to the area and people in those days. To meet the client's demand, this time we designed a private garden with red loop shaped counter on the rooftop to deepen friendship between tenants. It is happy to witness the moment when various people communicate with each other by designing architectures. I expect semi-public space like this has potential to create new neighborhood communication and various activities, and activate the city.

(Susumu UNO/CAn)

昭和と平成という異なる時代の境界

 この建物は、愛知県名古屋市大須に建つRC造地上6階建ての賃貸ビルである。賃貸ビルは、街の栄枯盛衰の影響を直接受けやすいが、街の潜在的なポテンシャルを引き出すこともできる街の縮図のような建築だと考えている。大須には大須観音などの神社仏閣や、商店街、大須演芸場があり、生活と商業、娯楽が混在する庶民の町である。また、敷地は高速道路のある大きな道路を挟んで、栄という街にも面している。栄は、高級ブティックや飲食店の集中する商業の中心地である。ゆえに、この敷地は昭和の庶民的な商店街が残る大須という小さな街のスケール感と、平成の大資本が投下される栄という大きな街のスケール感を併せ持つ。その敷地特性を生かした昭和と平成という異なる時代の空気感を纏った建築により、大須の潜在的なポテンシャルを引き出したいと考えた。

 

異なるスケール感、業種が共存する荒々しいスケルトン

大須と栄の境界に建つ建築に入りそうなテナントを想定して、各階の平面・断面構成を決めた。大きな道に面した1、2階は、栄からの集客も期待した大きな商業系に見合った天井高4.3mのワンルームで、3−5階の基準階は、様々な業種に対応できる設備増設スペースと配管ルートを確保し、ワンルームを3室まで分割できる自由度の高い空間である。最上階はアトリエを想定し、基準階同様に空間を3分割できるが、部分的に天井高が5.4mある開放的な空間としている。さらに、すべての空間の床、壁、天井はコンクリート打ち放しで、配管や空調機器、照明も剥き出しの空間とした。コンクリートの骨太なスケルトンには様々な業種が混在するインテリアに負けない土木構築物のような力強さがある。ふたつの街の境界にある敷地特性や、様々な業種が混在してもひとつの建築としての統一感を与えるために導き出したのが、歪んだ升目の揺らぎ感があるファサードである。

 

アイキャッチのファサードと空間分割の補助線という2面性をもつ歪んだ升目

平面的、断面的にギザギザなテラスがつくりだす歪んだ升目のファサードは、商業系のテナントを誘致し、集客力に寄与する視覚的なインパクトがある。大通りを挟んだ栄から正対すると、規則正しい枡目が強調されたり、ギザギザなテラスの奥行き感が、建築の横顔をつくりだし、見る角度によって表情を変える。一方インテリアでは、升目状の壁が空間を小さく分割する間仕切壁の手掛かりとなる。歪んだ升目は、栄から人を導くアイキャッチとしてのファサードと、大須の小さなテナントを導く空間分割の補助線という2面性をもつ。フォルムとしての表情の豊かさだけでなく、将来的には分割されたテラスを手掛かりにして、集合住宅や、宿泊施設にコンバージョンするなど、街の変化に順応できる自由度の高い建築の骨格をつくりだせたのではないかと考えている。

 

小さな世界をつなぐ赤いループ

いつも私たちは敷地全体が様々なアクティビティに満ちた場をつくりだすことを目指している。昭和34年に建てられた旧HASE.BLDG.1の屋上にはビアガーデンがあり、当時の大須の生活に潤いと賑わいをもたらしていたそうである。オーナーの要望で、屋上にテナント間の交流を深めるプライベートガーデンをつくることになった。赤いループ状のカウンターを囲んで開かれるパーティーを重ねることで、すべてのテナントとオーナーの間に、コミュニティのような一体感が生まれ始めた。建築をつくることで、小さな世界がつながっていく瞬間に立ち会えるのは幸せである。テナントだけに開かれた屋上という少し閉じた公共空間の在り方が、向う三軒両隣的な交流や街を元気にするアクティビティの豊富化に繋がる可能性を感じている。

 

(宇野享/CAn)

 

/