close x
english
日本語

GINZA Office Building

銀座5丁目ビル

The site is a short distance from the Ginza main street, in the center of Tokyo. A street lined with many department stores and commercial buildings for famous fashion brands. The project is for a rental office building that has an approx. 10m x 10m base and a ehight of 60m including roof top panels. By having higher ceiling height and utilizing maximum regulation floor area ratio, the project meets both functional requirement of the additional value of rental office and symbolic requirements of the behavior towards the city.

Although the specified budget did not account for the façade, like numerous super brand buildings, we judged that a normal frame structure is not appropriate because of the site condition and the required program. Instead we felt that a “ structure = design” solution was strongly required.

Here, we chose a tube structure system. That is, 40cm thick PC panels fragmented at a height of 1 or 2 stories, with each panel connected by being tensioned vertically. With this we intended to create an unbalanced feeling caused by the large dimension and high accuracy of the structural elements, which generate a fragile expression different from neighboring façade-designed-buildings.

The space that is generated by the thick outer shell, at the same time, creates an internal shell effect..

The intention of this “reversibleness” is to give visiting people the sensation of, at the same time, being “both inside and outside” – a part of the Ginza area character. At the same time, the design gives a strong visual impression when seen from a distance.

敷地は東京の中心地、数多くの百貨店やファッションビルが立ち並ぶ銀座の外れ、晴海通りや中央通りなどのメインストリートから一本奥まった通りに位置する。約10mx10mの極小のフットプリントに、屋上工作物を合わせると高さ60mになる貸しオフィスビルの計画である。法規上可能な容積を最大限使いながら通常より高い天井高さを確保することで、オフィスとして付加価値となる機能的な要請と街への振る舞いという象徴的な要請を満たしている。

数あるスーパーブランドビルのように、ファサード専用予算が用意されていないにもかかわらず、敷地条件と求められるプログラムから通常のラーメン構造が不適切だと判断した段階で、「構造=デザイン」としての解答を用意する必要を強く感じた。

ここでは、40cm厚のPC板を1~2層分の断片とし、それらを断片の縦方向に緊張材を入れてテンションを掛けることで全体がチューブ構造になるシステムを選択した。それによって、「躯体寸法は大きいが精度は高い」というアンバランスさが、周囲に立ち続けているいわゆるファサードデザインビルとは違ったフラジャイルな表情を生み出すことを意図している。

厚みのある外殻構造のみで成立している空間は、同時にそれらが内殻構造としても認知される効果を持つ。「銀座」という場所性にもおそらく関わる、訪れる人々にとって「内外、共に表」と捉えられる空間体験のリバーシブルさが、一方で遠方からの視線に対しても確かな強度を持つデザインの中で、同時に実現されるような建築を目指している。

/