close x
english
日本語

Space Block Taipei Model

スペースブロック・台北モデル

This was our contribution to the 1999 Asia Design Forum in Taipei. Its a proposal for a city block redevelopment of the convenient West Gate district located close to a metro station. We used a mix of 2.5m, 5.0m, 7.5m and 15m modules to provide houses, offi ces, shops, cinemas and other amusement facilities for the city. The void ratio was set to 50% . The blocks were confi gured as to allow for exhaust ventilation and to adapt to the monsoon season as well as provide natural light, while making a porous space where inside and outside is complex and street activities are drawn towards. The boundries between underground/overground, inside/outside then vanish, and we are left with a three-dimensional city block.

台北で行なわれたアジアデザインフォーラムに出展した作品。敷地は台北市のに西門地区の入口、地下鉄駅付近の利便性に富んだ再開発エリアで、この場所に大街区をつくる提案である。モデュールは2.5m、5.0m、7.5m、15mの4タイプを群としてミックスすることで、住宅、オフィス、ショップ、映画館、アミューズメント施設など都市に存在するあらゆる機能に対応している。ヴォイド率は50%。通風や排気、自然光を獲得することでモンスーン気候に適応し、外部と内部が複雑に入り組むポーラスな空間の中に台北の街のアクティビティが引き込まれる。地下/地上・敷地の中/外といった境界が消滅する「立体街区」である。

/