close x
english
日本語

Sugo Mizuya House

菅生の水屋

Sugo Mizuya House

この建築は、夫婦と子供一人が住む住宅である。夫婦共に看護師をしているため、子供も含めて異なる時間帯に生活する3人の領域と距離感を選択できる空間が求められた。

例えば、誰かの訪問客が居ても部屋着で寛げるようなセカンドリビングが欲しいとの要望に対して、専用の空間を用意し始めると、個々の空間はどんどん窮屈なサイズしか獲得できなくなってしまう。しかし、音や視線、空調区画を制御できる共有のワンルームがあれば、日常的には大きな空間を満喫することができる。

そこで、万一の水害に配慮した高基礎の懐を居室として、その部分が凸型に飛び出た断面形状の地形を持つ大きな空間と、目的に応じて空間を分割できるように離散配置した壁柱の架構の組み合わせた約40畳のワンルームをつくることにした。高基礎の下部には個室や水周りを配置して、上階とは対比的な地下室のように静かな室内環境を確保し、3人の領域と距離感が選択できる断面構成としている。

/