close x
english
日本語

Kanayama House

金山の住宅

 敷地は金山駅からほど近いマンションや店舗が混在し、中低層の建物が立ち並ぶ地域です。クライアントはご夫婦と二人の娘、おばあちゃん、の5人家族で、この地域で老舗の飲食店をやっています。土地も狭く、住環境としては決して良くない場所だけど、なじみ深い場所から離れたくないという思いから、このような場所でもプライバシーを確保しながら、採光・通風、といった生活環境をいかにローコストで確保するかが求められました。 ここでは、要望された部屋を積み上げた4階分のヴォリュームに2層分のヴォイドを設けて中庭としています。中庭は採光・通風を確保することはもちろん、周囲は壁で囲われているので、中庭に面した各部屋では周辺の目を気にすることなく窓をあけてカーテンを閉めずに風を取り込んで、屋外を感じながら過ごすことができる、内外の連続性が高いスペースとなっています。基本的に各部屋は個室化されているものの、平面的にも断面的にも中庭によってゆるやかに分節しつつ、お互いの気配がなんとなく感じられる構成としています。

/