close x
english
日本語

Space Block Kamishinjo

スペースブロック上新庄

Information for rent

This is a rental apartment building located in a lively old town about 15 minutes by train from central Osaka. The site was formerly a public bath with a variety of surrounding buildings such as small factories, okonomiyaki restaurants, and karaoke bars etc. The theory of the Basic Space Blocks (BSB) was first applied to this project. BSB is a system of spatial blocks composed by three to five extremely small module cubes where in this particular case each cube has a dimension of 2.4m on each side. The small BSB units come together as a sequence and diffuse into the surrounding townscape making an architecture with an indistinguishable outline.

This project can be described as an apartment building in which space takes precedence, and then functional equipments such as kitchens and bathrooms are installed. This unusual design sequence creates unique qualities of light and air that enter from unexpected places. As a result, spaces that are quite different from the so-called “one-room apartment” can be attained.

This methodology of “Space Block” theory was further developed in “Space Block Hanoi Model”, “Space Block Nozawa” and “Space Block Tainan.” 

空室状況はこちら 

敷地は大阪の中心にほど近く、スナックや飲み屋、文化住宅などが密集している、大阪市内で最もワンルーム賃貸の多い所にある。日本では床面積20㎡程度の、こうしたアパートに若者の多くが住んでいる。変形した敷地の短辺両側が接道しており、敷地内を通り抜けできることがこの建物に特徴を与えている。長辺2面は隣地の建物(飲食店と工場)がギリギリまで迫ってきている。ここにワンルームの賃貸アパートを計画する事となった。

 そこで我々は、一般性を持つ単純なツールで複雑な空間をつくり出すベーシック・スペースブロック(以下BSB)を用いることで、スペースのかたち、ユニークさという付加価値を持つ、新たな都市型集合住宅の空間提案ができないかと考えた。建築の中にちいさな吹き抜けが多数埋め込まれている。平面ではなくヴォリュームに人が住む。外に向かって開くことが困難な敷地状況の中で、外部空間や隣地との隙間を利用し空間を立体的に積み上げていくことで、光、空気、外部からの視線などをシンプルにコントロールする事が可能となる。

 実際の計画にあたって、ワンルームであることと細長い敷地形状から、1辺2.4mの立方体という日本でも極めて小さい単位を基準モデュールとした。1つの住戸が1つのBSBで出来ている。BSBの集合が建築となる。部分を集積した結果がそのまま外観となって現れる。外観は周囲の雑多な都市の風景に浸透していく。

 構造壁以外の界壁はコンクリートブロックを積んでおり、将来的にはこの壁を壊して、隣地をも取り込んで拡張するという空間の再生産の可能性をも含んでいる。

/