close x
english
日本語

Space Block Hanoi Model

スペースブロック ハノイモデル

This is an experimental housing complex seeking to regenerate the shops-cum-houses in an old area popularly known as "the 36th street district". These unusual buildings have narrow frontages, extend for a depth of 70- 80 m. and have gradually adapted to the highdensity population of 1,000 people/ha. The objective of this project was to make a lowemission, 4-storey townhouse that would not rely on air conditioning. If the renewal of the old city should progress in accordance with this model, our study shows that it would be possible to realise an environmentally friendly model for the compact Asian cities. The porous layering of Space Blocks would achieve this. The porosity ratio (exterior ratio) is 50% , and the way of stacking boxes was determined by CFD (computer fl uid dynamics) analysis to ensure privacy between neighbours.

ベトナム・ハノイ市の旧市街、通称36通り地区の町屋の更新をターゲットとした実験集合住宅。間口が狭い一方、70m~80mと奥行きが異様に長い独特の敷地割をもつこの土地には、1,000人/ha という高密度で快適に生活する知恵が詰まっている。この密度を維持したまま、4階建てで風通しがよく、冷房に頼らない(ローエミッションな)町屋のモデルをつくること。そしてこのモデルに準拠して旧市街の更新(リノベーション)を進めていけば、地球環境問題に対するアジアからのモデルとなるコンパクトシティが実現する、というのが研究のシナリオである。それを、スペースブロックをポーラス(多孔質)に積むことで可能にした。ここではポーラス率(外部比率)は50%、積み方はCFD(Computer Fluid Dinamics)解析のフィードバックと隣戸間とのプライバシーの確保で決定された。

/