close x
english
日本語

Shimokitazawa Apartments/Blocks

下北沢Apartments/Blocks

This semi-cooperative housing project is located in a quiet residential
area in central Tokyo. Although it looks like one project, because the sites
are touching each other, it actually consists of two very different sibling
projects. 'Apartments' has six residential units and 'Blocks' has 8 flats.
Many detached row houses are lined up in this residential area; therefore
buildings with eight or six units would have been too bulky. So instead of
inserting such volumes into the city, we suggested to split them into four
grains, each rotated in a slightly different angle. As a result, each resident
has windows in four directions. The design of this project began with a
common skeleton and enclosure, but resulted in 14 different residences;
each unit is a result of the collaborative design process with their
respective owner.

下北沢から少し外れた閑静な住宅地に建つセミ・コーポラティブハウスプロジェクト。背中あわせの2敷地に長屋形式6住戸のApartmentsと8戸の共同住宅のBlocksが建ち、1つのプロジェクトのように見えるが、実際には建築の組み立て方が全く異なる2つの兄弟プロジェクトである。戸建の住宅が立ち並ぶ周辺街区に対して、6住戸や8住戸のボリューム感はやはり違和感があるため、分棟のようにして、少しずつ隙間をあけたり、角度を振ったりすることで、街区に対して大きな塊として挿入されるのではなく、グレインとしてなるべく建物ボリュームをブレイクダウンし、圧迫感のない風景をつくることができないかと考えた。そうすることで、各住戸にも4周に開口部を取ることが可能となった。同じスケルトンをスタートとしながらも、14件の住宅インフィルは各クライアントとのキャッチボールによって、多様な住空間となってあらわれている。

/