close x
english
日本語

Nouvelle Akabanedai bldg. 5

ヌーヴェル赤羽台5号棟・集会所

This project saw the reconstruction of the Akabane-dai complex – one of the most glorious achievements of the Japanese Housing Authority during the high-growth period.

高度成長期の住宅公団の最も輝かしい成果の一つである赤羽台団地の建て替えプロジェクト

For the reconstruction project, we received the responsibility for both sides of the symbolic Ichostreet. The theme of our project became: how do we include these tiny grains (the human scaled space) right between 10 to 12 story buildings in the middle of the high density city.

We inserted a discreet one-story housing community supported by rows of loggias on both sides of the street. Furthermore, to ensure the connection to the nearby B-1 block (and its 1st floor deck), we came up with the solution comprising columns and a big staircase. People using this street, is not just people coming here with a specific purpose, its also a path for traversing*, and we also wanted to construct something that made the public spaces "white"** in terms of the activities within them.

* In contrast with traversing from A to B with a purpose, moving from A to B by being invited to wander by various activators is called "traversing" (Hiroshi Hara)
** A space or room made for a specific function is called a "black" space, while a "white" space is a space that changes function according to the acitivity performed.

about Nouvelle Akabanedai (UR)  

私たちは赤羽台団地発足当初からシンボルロードとして位置づけられているイチョウ通りの両側を担当した。建設当時ののびやかな密度感とは大きく隔たった、都心の一部として10~12階とかの大きな建築ボリュームによる高密度化が前提となる中で、そこへ小さなグレイン(=ヒューマンスケールの空間)をどのように挿入できるか。ということがテーマとなった。
イチョウ通りの両側にロッジアを持つ離散的な平屋のコミュニティ棟群を配置した。また、B-1街区へのつながりを確保する2層のピロティ+大階段(背後の2階デッキレベルでB-1街区へとつながる)でそうしたテーマに応答した。ここに登場する人々が、目的的な移動だけではない<散策>的かついきいきとした移動の流れ(=◇-traversing(注1))を開始し、団地内の公共空間が<白(注2)>化されるとなるような<アクティベータ>として建築が現れる。
注1:A点からB点への目的的な移動を□-traversingとするのに対して、同じA点からB点への、様々なアクティベータに誘われる彷徨い歩きを◇-traversingと呼ぶ。(原広司)
注2:目的的な(機能に1対1対応した)空間を「黒」、それに対して、そこに生起する様々なアクティビティに応じてその都度呼び方が変わるような空間を「白」とする。

ヌーヴェル赤羽台について(UR都市再生機構)

/