close x
english
日本語

Injaz Avenue

Injaz Avenue

This is a proposal for a housing tower in Dubai. For this project we had to take into account Dubai's climate, the challenges of the local infrastructure, and how to create an original identity of a tower building placed in a forest of similar buildings. We considered previous design plans, and while pursuing a "form facade", we looked to maximise sustainability in the rough conditions through a "tabular tower". Taking into account the harsh afternoon sun of Dubai, the suns movement, and on the other hand the need to create a living space utilising air flows and light, while not being hit by the sunlight in the winter, we came up with a plan that effectively contributes to the building's ability to provide energy sustainability.

The buildings strength is that according to the time of day, and the direction of light and shadows, its presence changes. That is what we were researching - a facade that changed its expression from moment to moment. And also because of the economic conditions, and the risk of apartments being left unused, we wanted to avoid the risk of the long facade looking like a ghost town, so instead we envisioned a fashionable LED facade look.

ドバイにおけるハウジング・タワーの提案。ドバイの気候的条件と、都市のインフラ整備がされているにも関わらず文化的インフラが乏しいという文化的条件を考慮し、ハウジングスペースにとどまらない文化的価値のある空間と、タワーの林立する都市の中で独自のアイデンティティをどう成立するか。今までの設計と比べて重視した、フォルム・ファサードの追求により、厳しい中での最大限のサスティナブルな「板状のタワー」を目指した。厳しいドバイの西日を考慮し、太陽の動きと関連したヴォリュームの方向付けと、反対に冬季と日の当たらない居住空間における風の流れや光を得るための内部配置によって、地域特有の気候を最大限に生かし、建物のサステナビリティをいっそう効果的にしている。

時間帯によって見え方が変化するような、光と影の演出によって存在感としての強さはあるけれど、その表情自体は刻々と変化するファサードを追及した。
ほとんどの住戸が投資目的で購入されているため、長手のファサードはまた、経済状況がそのまま反映されていることが予想できたため、パラパラとついた住戸の電気がゴーストタウンを早期させるのではなく、「現代における、デジタルな碑文」に見えることを望んでいる。

/